アロエは昔から「アロエを食べると医者いらず」と言われ、ケガや病気のときはアロエを利用した治療が行われるほど優秀な植物ですが、具体的にはヤケドや傷、そしてアトピー性皮膚炎にも効能があるということはご存知でしたか?
また、アロエに含まれるアロエエキスには頭部の肌の健康状態を保ち、保護してくれるなどの毛生え作用があり、アロエエキスが含まれた植物由来の原料でできた育毛剤やシャンプーが販売されています。
そんなアロエの威力効能とアロエエキスの発毛材料について解説させて頂きます。

 

怪我や病気に効くアロエエキスの長所

 

アロエエキスの薬効成分は昔から注目され、ケガや病気の際に使用されてきましたが、具体的にはどんな効能があるのでしょう?
まず、アロエエキスを代表する作用がヤケドや傷の回復です。これはアロエエキスに抗潰瘍、皮膚組織回復効果のある「アロエウルシン」という成分が含まれているためヤケドや傷の修復に使用できます。また、抗菌、抗炎症機能のある「アロエシン」という材料により傷口の殺菌威力もあります。
さらに、アロエエキスはアトピー性皮膚炎にも効き目があるとされ、アロエエキスに含まれる「ムコ多糖類」という粘り気のあるマテリアルは保湿性に優れており、入浴後の皮膚に水分が残っている時に塗ることで皮膚の保湿を保ちつつ、炎症を抑える効力があります。また、アロエには抗菌作用も含まれているため、アトピー性皮膚炎には有効的と言えます。
ただし、注意してほしいことは、昔からアロエを治療に使用する際は、アロエを切ってダイレクトに患部に貼り付けて利用されてきましたが、アロエの生葉には雑菌も付着しているため、きれいとは言えません。そのため、アロエを使う場合は、アロエエキスの原料が入った市販品を使用するようにしましょう。

 

アロエ抽出物には毛生え威力もあるのか

 

アロエ抽出物には怪我や病気に効果的な材料が含まれていることは分かりましたが、育毛作用に関してはどうでしょうか?
アロエエキスに入っているマテリアルの「ムコ多糖類」には保湿効能が期待できますが、これは薄毛の理由に関しても効能が期待されています。
薄毛の要因の一つとして、スカルプの乾燥が言われますが、この「ムコ多糖類」は体のスキマの細胞を埋めて、スポンジのように水分を吸収し保持する威力があります。さらに、保湿性に優れ、体の内部から保湿力を高める効き目に期待できます。また、単独で使用するよりも、他の保湿原料と組み合わせることで相乗効果を得られるポイントがあります。
さらに、アロエは保湿以外にも炎症を抑制する威力があります。頭部の肌の痒みは炎症が元凶でおこり、炎症により頭を余計に掻いてしまうことで、フケが過剰に分泌され毛根が塞がれ、頭皮が本来持つヘアーの発達を阻害してしまいます。そこで、アロエエキスに含まれる保湿力で皮膚の炎症を予防し髪本来の成長を助けることができます。
しかし、この発毛効き目は髪の毛を生やす目的ではなく、頭部の肌の乾燥や健康状態を正して、ヘアー本来の発育を促進し改善することが目的となっているため薄毛の原因が他にある場合には、大きな効力は期待できません。

 

アロエエキスを取り入れるなら育毛促進剤で

現在、販売されている発毛剤にはアロエエキスが配合されたものがいくつかあります。アロエエキスに入っている毛生え効果のある原料は他の保湿成分と組み合わせることでシナジーを生むため、アロエを切り取って手作りの育毛剤を使用するよりも、市販されている育毛トニックを使った方がより威力的にアロエエキスを取り入れることができます。
発毛威力として期待されるマテリアルに「タンニン酸」と「アロイン」というマテリアルがあります。タンニン酸はかみの毛が育ちやすい皮膚を作ることに効能的で、頭部の肌のハリを取り戻し髪の毛の発育を促す威力が期待されます。アロインは薄毛の予防に効果のある材料で、ハゲになる要因の「DHT」と言われる男性ホルモンを抑制してくれる有効性があると期待されています。
これらに加え、他の毛生えマテリアルもバランスよくブレンドされ、各毛はえ薬ごとに使用する人の肌や症状に合うよう作られているため、アロエエキスを能率的に取り入れ、禿げ対策をするのであれば毛はえ薬を利用することをおすすめします。

育毛トニックは頭部の肌に直接使うもので、実際に使う前に安全かどうか心配になりますよね?
植物性成分由来ではない毛はえ薬などは、元々医療用に使用されていたマテリアルが、毛生えや脱毛予防に効能があることがたまたま発見されたモノも多く、それらの成分は効果はあるものの副作用が出る場合があります。さらに、アルコールがブレンドされていたり、石油化合物が含まれている場合はアレルギーの原因となることも少なくありません。
しかし、植物性の育毛材料が入っている毛はえ薬の場合では、それらの危険性が低く、アルコールによる炎症が起きてしまったり、敏感肌の人や他の育毛剤では刺激が強く痛くて使用できないという人でも安心して使用できるという利点があります。長い時間をかけて継続的に使用していくものなだけに、出来るだけ安全で副作用などが少ない、自分の頭皮に合った育毛剤を使うようにしましょう。